So-net無料ブログ作成
┗小説とか ブログトップ

本■天を衝く(全3巻) [┗小説とか]


■出版社■講談社文庫
■作者■高橋 克彦(タカハシ カツヒコ)
■ジャンル■歴史小説
■やまる評価■★★★★★

高橋さんの東北歴史小説、『火怨』→『炎立つ』→『天をを衝く』という流れの大作の最終章です。

802年に蝦夷が平定され(一昨日紹介した『火怨』)、約400年後に奥州藤原氏が滅亡(昨日紹介した『炎立つ』)し、また約400年後の安土桃山時代のお話です。

室町幕府の滅亡(1573年;以後(15)涙(73)の足利義昭追放、と暗記しましょう)
とか
長篠の戦い(1575年;一発(1)粉々(575)長篠合戦、と暗記しましょう)
とか
本能寺の変(1582年;イチゴ(15)パンツ(82)の本能寺、と暗記しましょう)
とか
豊臣秀吉が全国を統一(1590年;戦国(159)終わり(0)よ秀吉ちゃん、と暗記しましょう)

こんなことが超有名で、歴史の授業だと、織田・豊臣・徳川ばっか習って、他の地域のことは全然教えてくれんかったっしょ?ってことで。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

本■炎立つ(全5巻) [┗小説とか]


■出版社■講談社文庫
■作者■高橋 克彦(タカハシ カツヒコ)
■ジャンル■歴史小説
■やまる評価■★★★★★

高橋さんの東北歴史小説、『火怨』→『炎立つ』→『天をを衝く』という流れの大作の中盤です。

802年に蝦夷が平定され(昨日紹介した『火怨』)、約150年後の平安時代のお話です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

本■火怨(上下巻) [┗小説とか]


■出版社■講談社文庫
■作者■高橋 克彦(タカハシ カツヒコ)
■ジャンル■歴史小説
■やまの評価■★★★★★

高橋さんの東北歴史小説、『火怨』→『炎立つ』→『天をを衝く』という流れの大作の序盤です。

時代的には、こんなことがあった時代です。
平城京遷都(710年;何と(7、10)キレイな平城京、と暗記しましょう)

長岡京遷都(784年;名(7)は(8)知(4)らないよ長岡京、と暗記しましょう)

平安京遷都(794年;鳴(7)く(9)よ(4)ウグイス平安京、と暗記しましょう)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:

オススメ本■デルフィニア戦記(全18巻) [┗小説とか]


■出版社■中公文庫
■作者■茅田 砂胡(カヤタ スナコ)
■ジャンル■ファンタジー・ティーンズ・戦記モノ
■やまる評価■★★★★★

内容(「BOOK」データベースより) 男は剣を揮っていた。黒髪は乱れ日に灼けた逞しい長身のあちこちに返り血が飛んでいる。孤立無援の男が今まさに凶刃に倒れようとしたその時、助太刀を申し出たのは十二、三と見える少年であった…。二人の孤独な戦士の邂逅が、一国を、そして大陸全土の運命を変えていく・・・

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

オススメ本■魔性の子 [┗小説とか]


■出版社■新潮文庫
■作者■小野 不由美(オノ フユミ)
■ジャンル■ホラー?
■やまる評価■★★★★☆

教育実習で母校に戻ったある青年。その教室で孤立している不思議な生徒。この少年をいじめると、いじめた者には"報復"ともいえる不慮の事故が襲う。そのため、"あいつは崇る"と恐れられている。青年はこの生徒をかばい、理解しよう、近づこうとするが、不慮の事故は...青年・生徒の本当の居場所は...

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

本■魔性の子 [┗小説とか]


■出版社■新潮文庫
■作者■小野 不由美(オノ フユミ)
■ジャンル■ホラー?
■やまる評価■★★★★☆
教育実習で母校に戻った広瀬。その教室で孤立している不思議な生徒・高里。高里をいじめると、いじめた者には"報復"ともいえる不慮の事故が襲う。そのため、"高里は崇る"と恐れられている。広瀬は高里をかばい、理解しよう、近づこうとするが、不慮の事故は...広瀬・高里の本当の居場所は...
長く、なかなか完結に至ってくれないファンタジー、『十二国記』。これはその序章です。これを先に読むか後に読むかは賛否両論のようです。先に読む場合は、ホラーものとして「え?え?何がどうなってくの?」と読み、後に読む場合は「あー!あー!こうなってたんだ!」って感じ?先に読む場合は「不可解さ」が全て解決しきれずに終わってしまうので、4つ星かも。ただ『十二国記』のセットと考えると当然5つ星ですな。まぁ今更って感じのレビューですが...
先・後って考えずにまずは先に読んでください!そして十二国記を読んだ後にも読んでください!2度美味しいとは正しくこのことだ!と思っていただけること間違いないっ(少し古い?)です!
高里の周りにだけなぜこんな禍々しい事件が?高里しか見れてないアレは?そもそも高里も広瀬も何者?
ホラーっていうと
・怨念幽霊もの(リングとか?)
・人為もの(アメリカ映画とかでよくあるよね)
があるような気がするけど、これは、ホラーだとしたら、【異世界もの】とでも言えば良いのかなぁ...
だから「怖いものを見てビクッとしたい」って人には全くオススメしません。後に続く『十二国記』のことを考えると、「ファンタジーもの」か「歴史もの」が好きな人には【超】オススメです♪


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

本■えびす聖子(えびすみこ)(全1巻) [┗小説とか]


■出版社■幻冬舎文庫
■作者■高橋 克彦(タカハシ カツヒコ)
■ジャンル■神話?
■やまる評価■★★★★☆

高橋克彦版『古事記』です。『古事記』の名前は知らない人はいないはずだけど内容は知ってる人は、少ないだろうなぁ..

自分も「古い事が記されたもの」ってくらいしか記憶にないもの(それでも日本史選択かよっ)。

まずは『古事記』について。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

本■夏と花火と私の死体 [┗小説とか]


■出版社■集英社文庫
■作者■乙一(オツイチ)
■ジャンル■ホラー?
■やまる評価■★★★★★

乙一が17歳に第6回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞を受賞した衝撃のデビュー作。

続きを読む


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

本■天国への階段(上),(中),(下) [┗小説とか]


■出版社■幻冬舎文庫
■作者■白川 道(シラカワ トオル)
■ジャンル■フィクション・ミステリー
■やまる評価■★★☆☆☆

ミステリーと書いたけど、謎の殺人事件を探偵や警察が解き明かす!って感じじゃないです。探偵物が好きな人にはオススメしませんです、ハイ。

誰かが死んだ...

なぜ?じゃぁその人をとりまいていた人々は?

とりまいてた人々が、どういった生き方をして事件に絡んだのか?

について、警察の執念・人間の不器用な生き方・感情の深さ・純愛などの要素を十二分に使って事件の終焉に進んでいく人間ドラマです。あえて例えるなら「はぐれ刑事純情派」系統なんだろうか?

読めばすぐ分かると思うんだけど「あぁこの人かこの人が、この人を殺したんだろうなぁ」ってのはスグに分かります。ただ、警察に捕まって「はいチャンチャン」なのかどうか。「この人」は「この人」と関わってどうなっていくのか!?が下巻の最後まで分からないのでページをめくるスピードは遅くはならんです。

文章も『小説を書く人は全て見習って欲しい』くらい読みやすいし、漢字離れしてる自分にも難しい漢字はないし、ドロドロしすぎてる昼メロみたいな人間の醜すぎる部分もないので、誰でも読めると思います。さすが、物書きになる前に色んな職を経験した人だけあるねって感じ♪

まぁ自分の好きな小説ベスト5入りにはなりませんが、通勤電車で読む物ない?って人とか旅行に持ってく本ってない?って人にはとりあえず貸しますよ、いや取りに来れる人限定で(笑)

訂正。旅行には持ってかない方が良ぇです。ユーウツにはならんけど楽しい旅行の前後にはちょっとオススメできやせんので。

ちなみに、ドラマは見ないので知らんかったけどTVドラマ化されてたんだね。出演は佐藤浩市、本上まなみだそうだ。うーん佐藤浩市ならみたいかも(^-^)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
┗小説とか ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。